職員の人財育成

更新日:2023年02月09日

「人財」について

松江市では、人こそが最大の経営資源であり、かつ貴重な宝であるという意味を込めて「人財」と表記しています。

松江市職員の基本マインド

松江市職員の基本マインドを「松江への高い誇りと深い郷土愛」としています。

  • キーワード:「松江に自信と誇りを持つ」(高い誇りと深い郷土愛を持つ)
  • 求めるアクション:松江を深く知る(人、歴史、文化、まちなみ、自然など)
誇り、郷土愛と書かれたハートを抱きしめるキャラクターのイラスト

目指す職員像

基本マインドを基礎として、「目指す職員像」を以下のとおりとしています。

  1. 市民の幸せな未来を創造する職員
  2. 住民主体を大切に、共創・協働の意識を持って行動する職員
  3. 知識や経験を積み重ねながら成長する自律性にあふれる職員
  4. 高いコスト意識や危機管理能力を持つ職員
幸せな未来を掲げる1人と周りで微笑む3人のキャラクターのイラスト
共創協働をもとに握手を交わすキャラクターのイラスト
松江への高い誇りと深い郷土愛を基礎として松江市職員の目指す職員像を描いた図

人財育成の基本的方向性(人事管理・職場づくり・教育)

新規採用から3年間を重点的に支援

「目指す職員像」に向け、体系的な学びの機会を用意しています。

特に採用から3年目までを「重点支援期間」とし、職位にこだわらず、職員としての基礎的な力を身につけることができるよう重点的な支援を行います。

右手を高く上げ本を読んで学びを得ているキャラクターのイラスト

(1)やる気を高め、主体性を大切にする人事管理制度

職員のやる気が高まり、良いパフォーマンスを発揮するために、異動や昇任といった人事管理において人財育成の視点を強く持ち、職員の「こうなりたい」という主体性を大切にしていきます。

(2)働きがいがあり、満足感と安心感にあふれる職場づくり

職員の働きがいを高めるためには、満足感があり、かつ愉しく仕事が出来る職場環境が必要です。それは主体的に成長する意識の醸成にもつながります。自らの成長と仕事の愉しさを実感できる職場環境の整備を職員とともに進めます。

(3)成長意欲に応える効果的な教育(研修)の展開

職員研修の体系としては、職場内研修(OJT)、職場外研修(Off-JT)、自己啓発があり、相互に補完し合って相乗効果を発揮します。学びや気づきを得ることのできるOJTとOff-JT、自己啓発による必要な意識・姿勢の醸成、能力の習得に向けた取り組みを展開していきます。

職員研修の相互関係体系図

松江市人財育成基本方針

松江市人財育成基本方針では、今後の人財育成の方向性や目指す職員像について記載し、公表しています。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 人事課
電話:0852-55-5131(人事係)
電話:0852-55-5130(人財開発係)
電話:0852-55-5132(給与係)
電話:0852-55-5133(福利厚生係)
電話:0852-55-5619(職員健康管理係)
ファックス:0852-55-5070
お問い合わせフォーム