風しん抗体検査及び予防接種事業

更新日:2023年12月20日

(2022年4月1日更新)

妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんに、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある等の「先天性風しん症候群」が現れる可能性があります。

松江市では、先天性風しん症候群を予防するため、妊娠を希望する女性等に対して、抗体検査及び予防接種費用を助成します。

実施期間

令和5年4月1日から令和6年3月31日まで

対象者

以下どちらの助成も松江市に住民登録がある方が対象です。

助成の内容

  1. 抗体検査:全額助成(本人無料)
  2. 予防接種:麻しん風しん混合ワクチン5,000円(上限)/風しん単独ワクチン3,000円(上限)

1.抗体検査

  • 妊娠を希望する女性
  • 「妊娠を希望する女性」の配偶者(事実上婚姻関係含む)及び同居者
  • 「風しん抗体価が低い妊娠をしている女性」の配偶者(事実上婚姻関係含む)及び同居者

上記の要件のいずれかを満たせば対象となりますが、以下のいずれかの項目に該当した方は対象となりません。

  1. 過去に風しんの抗体検査を受けたことがある方で、「風しん抗体価がHI法32倍以上又はそれに相当する抗体価がある」という記録がある方
  2. 風しんにかかった(検査で確定診断を受けた)ことがある方で、その検査結果や診断書等の記録がある方
対象となる医療機関(電話による事前の予約が必要な場合があります)

2.予防接種

  • 妊娠を希望する女性で風しん抗体価の低い人
  • 「妊娠を希望する女性(風しん抗体価の低い人)」の「配偶者(事実上婚姻関係含む)及び同居者」で風しん抗体価の低い人
  • 「妊娠をしている女性(風しん抗体価の低い人)」の「配偶者(事実上婚姻関係含む)及び同居者」で風しん抗体価の低い人

(注意)抗体価の検査の結果抗体価が低い人(HI法16倍以下又はそれに相当する抗体価の人)

参考
  1. 医療機関で予防接種を受け、接種料金を一旦全額支払ってください。
    • どちらの医療機関で受けられても構いません。かかりつけ医など身近な医療機関に、接種希望日時、予約方法等をご相談ください。
  2. 申請書に必要事項を記入し、振込口座の分かるものをご持参のうえ、必要書類と共に健康推進課等の窓口まで申請してください。
  3. 手続きは、接種日から6か月以内に行ってください。
  4. 問い合せ先:健康推進課(松江市乃白町32-2(松江市保健福祉総合センター内))
  5. 電話:0852-60-8173

申請書様式は下記ファイルをご覧ください。

  • 風しん抗体検査により抗体価が低いと判断された方は、予防接種を受けましょう。
  • 風しんだけではなく、麻しん(はしか)も予防できる「麻しん風しん混合ワクチン」接種を受けることを推奨します。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健衛生課
郵便番号:690-0011 松江市東津田町1741番地3  いきいきプラザ島根3階
電話:0852-28-8285
ファックス:0852-28-8118
お問い合わせフォーム