高齢者肺炎球菌

更新日:2023年06月05日

高齢者肺炎球菌の予防接種について

平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌ワクチンが定期予防接種(国が国民に接種を推奨するワクチン)になりました。

主に個人が予防目的のために行うものであることから、受けることは義務ではなく、ご本人が接種を希望した場合のみ接種できます。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、日本人の死因の第3位であり、死亡者の95%以上が65歳以上の人です。

肺炎の原因として一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状で済む効果が期待されます。

肺炎球菌ワクチンの副反応

局所の疼痛、熱感、腫脹、発赤が5%以上認められる。筋肉痛、倦怠感、違和感、悪寒、頭痛、発熱もあるが、いずれも軽度で2から3日で消失する。

対象者

対象者には、案内文と予診票を住所地へ郵送いたします。

(注意)今までに23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人は対象となりません。

松江市に住民登録されており、令和5年度(令和5年4月1日から令和6年3月31日まで)に次の年齢になる人。

  • 65歳(昭和33年4月2日から昭和34年4月1日生)
  • 70歳(昭和28年4月2日から昭和29年4月1日生)
  • 75歳(昭和23年4月2日から昭和24年4月1日生)
  • 80歳(昭和18年4月2日から昭和19年4月1日生)
  • 85歳(昭和13年4月2日から昭和14年4月1日生)
  • 90歳(昭和8年4月2日から昭和9年4月1日生)
  • 95歳(昭和3年4月2日から昭和4年4月1日生)
  • 100歳(大正12年4月2日から大正13年4月1日生)
  • 60歳以上65歳未満の人で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する人。

実施場所

接種可能な医療機関は、下記のファイルをご覧ください(令和5年6月5日更新)

費用

費用:3,200円

生活保護受給中の人は無料です(生活保護受給証明書が必要です)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課
郵便番号:690-0045 松江市乃白町32番地2 保健福祉総合センター内
電話:0852-60-8162(保健総務係)
電話:0852-60-8173(予防接種係)
電話:0852-60-8174(保健企画係)
電話:0852-60-8154(地域保健グループ橋北)
電話:0852-60-8156(地域保健グループ橋南)
ファックス:0852-60-8160
お問い合わせフォーム