【工事】総合評価方式

更新日:2023年04月14日

総合評価方式の試行について(令和5年4月18日一部改正)

令和5年4月18日以降入札公告する案件から一部改正します。

評価項目と評価点

評価項目と評価点については下記のとおりです。

対象工事

対象となる工事は、下記の通りです。

  • 原則として、発注予定金額4000万円以上のすべての工事
  • 発注予定金額1000万円以上のすべての舗装工事
  • 発注予定金額2000万円以上のすべての法面処理工事

試行方式

総合評価方式は特別簡易型で行います。

工事分類(同種工事)

総合評価方式により発注する工事は、次の6つに分類します。

  1. 土木系工事
    1. 一般土木工事(建築工事成績評定基準により評定した工事を除く工事及び下記2・3に該当しない工事。)
    2. 法面処理工事
    3. 舗装工事
  2. 建築系工事
    1. 一般建築工事
    2. 電気工事(建築工事成績評定基準により評定した工事に限る。)
    3. 管工事(建築工事成績評定基準により評定した工事に限る。)

落札者の決定方法

予定価格の範囲内で評価値の最も高い者を落札候補者として審査します。

  • 評価値=技術評価点÷入札価格
  • 技術評価点=標準点(100点)+加算点の合計

調査基準価格を下回る入札があった場合

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

財政部 契約検査課
【工事担当】電話:0852-55-5403
​​​​​​​【物品担当】電話:0852-55-5404
ファックス:0852-55-5570
お問い合わせフォーム