予防接種の受け方と接種後の注意

更新日:2023年04月01日

予防接種を受けましょう

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3か月までに、麻しん(はしか)では生後12か月にはほとんどが自然に失われていきます。

そのため、この時期を過ぎますと、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。

子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種に対する正しい理解のもとで、お子さまの健康にお役立てください。

定期予防接種とは

予防接種には、予防接種法によって対象疾病、対象者及び接種期間などが定められた「定期の予防接種」(外部サイト:島根県ホームページ)とそれ以外の「任意接種」があります。

松江市は、予防接種法に基づいて、下記の予防接種を実施しています。

  • A類疾病:B型肝炎、ロタウイルス感染症、ヒブ(Hib)感染症、小児肺炎球菌感染症、ジフテリア、百日せき、破傷風、急性灰白髄炎(ポリオ)、、結核、麻しん・風しん、水痘(水ぼうそう)、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)
  • B類疾病:高齢者インフルエンザ、高齢者肺炎球菌感染症

予防接種の受け方

1.事前の確認

  • 接種対象年齢
  • 予診票の有無(紛失した場合は以下のリンク「予診票を紛失したとき」をご参照ください)
  • 予防接種券(住所・氏名・生年月日等を印字したシール)の有無(注意:生後2か月になる前に対象となるお子さんには予防接種券を送ります。紛失した場合は、予診票の氏名欄を手書きでご記入ください)。

2.接種条件(予防接種法に基づく定期接種)の確認

事情により松江市の指定医療機関以外で接種を希望する場合は、健康推進課へご相談ください。定期接種としての条件が該当しない場合は、任意接種となり接種費用は自己負担となります。

対象者の解釈について

予防接種においては「年齢計算ニ関スル法律」と「民法第143条」により「誕生日の前日」に1つ歳をとることになっています。接種時に気を付けましょう。

平成26年3月11日厚生労働省健康局結核感染症課通知があり、定期接種における対象者の解釈について、接種対象者が「〇〇歳未満の人とされている予防接種は、誕生日の前日までの人が接種可能となりました。

3.接種日までの注意

同伴する保護者は、接種当日までに以下のことを確認しましょう。

  • 予防接種の冊子「予防接種と子どもの健康」を必ず読みましょう。
  • お子さんの健康状態を把握しましょう。
  • 予防接種の間隔は守られていますか。
  • 持病がある場合や最近、本人またはその周りの人が、麻しん・風しん・おたふくかぜ・水ぼうそう・手足口病・突発性発疹等にかかった場合は、かかりつけの医師と今回の接種についてよく相談しましょう。

 →6の接種間隔をご覧ください。

4.接種当日の注意

  1. 予防接種券のある方
    予診票の所定の位置に接種券を貼り、手書きの欄に必要な事を記入しましょう。
  2. 予防接種券のない方
    予診票の「ここに接種券を貼ってください」の欄を手書きで記入しましょう。
  3. 持っていく物
    • 母子健康手帳(注意)母子健康手帳を忘れた人は受けられません
    • 予診票(注意)紛失した場合は以下のリンク「予診票を紛失したとき」をご参照ください。
    • 健康保険証・子ども医療費受給資格証など住所・氏名・生年月日が確認できるもの
  4. (18歳未満が接種する場合は)必ず保護者が同伴してください。
  5. 体温は会場で測ります。

5.接種後の注意

  1. 予防接種を受けたあとおおよそ30分くらいは、接種会場でお子様の様子を観察するか、医師とすぐに連絡がとれるようにしておきましょう。急な副反応は、この間におこることがあります。
  2. 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  3. 入浴は差し支えありませんが、わざと注射した部位をこすることはやめましょう。
  4. 予防接種を受けたあと、注射部位のひどい腫れ、高熱、ひきつけ等の症状があったら、医師のもとで必ず診察を受けてください。特に症状の強い時やその他わからないときは、健康推進課(電話60-8173)へおたずねください。

詳細は「予防接種と子どもの健康」の冊子をご覧ください。

6.接種間隔

異なった種類のワクチンを接種する場合

異なった種類のワクチンを受けるときは、接種間隔を守ることが必要です。

注射生ワクチンを接種した後の接種間隔について

【注射生ワクチン】

BCG

麻しん風しん(MR)

水痘(水ぼうそう)

おたふくかぜ)

接種した日の翌日から起算して

4週間(27日)以上おく

注射生ワクチンの接種が可能
制限なし 経口生ワクチンの接種が可能
制限なし 不活化ワクチンの接種が可能
経口生ワクチンを接種した後の接種間隔について

【経口生ワクチン】

ポリオ(OPV)、ロタ

制限なし 注射生ワクチンが接種可能
経口生ワクチンが接種可能
不活化ワクチンが接種可能
不活化ワクチンを接種した後の接種間隔について

【不活化ワクチン】

ヒブ、小児用肺炎球菌、

四種混合(DPT-IPV)、二種混合(DT)

日本脳炎、ポリオ(IPV)、B型肝炎

ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)

インフルエンザ

制限なし 注射生ワクチンが接種可能
経口生ワクチンが接種可能
不活化ワクチンが接種可能

 

同じ種類のワクチンを複数回接種する場合

同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、一定の間隔があります。

  • 四種混合1期初回1回目と2回目と3回目の間隔→20日から56日の間隔
  • 日本脳炎1期初回1回目と2回目の間隔→6日から28日の間隔

感染症にかかった後の間隔

  • 麻しん、風しん、水痘、おたふくかぜなどにかかった場合は、治ってから4週間以上あけて接種してください。
  • 突発性発疹、手足口病、りんご病、ヘルパンギーナ、インフルエンザ、プール熱などの場合治ってから2週間以上あけて接種してください。
  • 症状が比較的軽症な上気道炎、胃腸炎などの場合は、治っていれば予防接種の対象となります。
  • 新型コロナウイルスにかかった場合は、隔離期間終了から2週間以上あけて接種してください。
  • かかりつけ医師にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課
郵便番号:690-0045 松江市乃白町32番地2 保健福祉総合センター内
電話:0852-60-8162(保健総務係)
電話:0852-60-8173(予防接種係)
電話:0852-60-8174(保健企画係)
電話:0852-60-8154(地域保健グループ橋北)
電話:0852-60-8156(地域保健グループ橋南)
ファックス:0852-60-8160
お問い合わせフォーム